紅はるかは(独)九州沖縄農業研究センターによっ…

投稿日:  投稿者: ピュアフラワー

紅はるかは(独)九州沖縄農業研究センターによって外観が優れる「九州121号」に皮色や食味が優れる「春こがね」を交配させ育成された芋で2010年3月に品種登録された新しい品種です。 春こがねの父は「紅あずま」という、さつま芋界のサラブレッドです。 従来のどのさつま芋より”はるか”に美味しい事から「紅はるか」と名付けられました。 中は黄金色でしっとりとした食感。焼芋にすると糖度が40度以上にもなります。 水がきれいな事で有名な熊本。その熊本の阿蘇の麓で風土を活かし栽培しております。 掘り取ったあと、甘みを出す為に冷暗所で1ヶ月~2ヶ月ほど寝かせたお芋のみを出荷しております。 店舗にて毎日焼いています\(^^)/12時以降がベストです(^-^)/平日のみ😉(土)、(日)、祝日はお休みさせて頂いております。